以前この記事はPaebaccレビューの中に含めていましたが、話のベクトルが全く違うように思えてきたため、別記事として分離しました。
また、前置きはどうあれノンニコのBaebacc、Paebaccを否定しているようにしか見えなかったため一部改変しています。





この記事は私の憶測にすぎないということ、ニコチン入りリキッドを推奨するわけではないということ、ニコチン無しリキッドを否定しているわけではないということを前提にお読みください。

Paebaccレビューで私は本家からニコチン入りのPaebaccを購入しました。以前本家からBaebaccを購入したときもニコチン入りでした。現在日本ではBaebaccを取り扱っている店舗が多く、そのうちPaebaccも日本で手に入るようになるのではないかと思いますが、私はノンニコチンリキッドを購入してそのまま吸うことはないと思います。本家のニコチン入りBaebacc、Paebaccを購入しそのまま吸うか、ノンニコで8:2、7:3くらいに割って吸うと思います。なぜか。

明らかにニコチン入り、ニコチン無しで味が違うのです。そりゃニコチン入れてりゃ味も変わるだろうよ、とお思いでしょうが少々お待ちいただきたい。
ニコチン入りBaebaccが切れてしまいそうになりニコチン無しリキッドを国内店で購入して吸いましたが、ニコチン入りの時にあったタバコ味は弱く、ストロベリー感を強く感じました。
なんか物足りないなぁと思い手元にあった素ニコリキをちょっと添加して吸いましたが、やはり本家で購入したニコチン入りBaebaccの味とは違うのです。
そこで私は、

ニコチンの濃度によってフレーバーの配合を変えているリキッド、リキッドメーカーがあるんじゃないか?

と思ったわけです。
私の好みの味は、ニコチン無しBaebaccのフレーバーの配合ではなく、ニコチン入りBaebaccのフレーバーの配合なのでしょう。
これが本家からニコチン入りリキッドを取り寄せる理由です。

これはあくまでも私の主観であり、誰もがそう思う、ということではないと思います。
私のように本家ニコ入りを購入して吸ったとしても、いやあノンニコのストロベリー感が強いほうが好きだなぁという人もいると思います。そんなに味が違うか?と思う方もいるかと思います。
しつこいようですが、私はノンニコBaebaccを否定しているわけではありません。本家ニコ入りBaebaccの味の方が好みなのです。

Baebaccの話ではありませんが、面白いことに、輸入したニコ入りリキッドが何故かおいしくない(気持ちよく吸えない)、ノンニコリキに自分でニコを添加した方がおいしい、…という現象もあります。私が顕著に感じたのはNICOTICKETです。
NICOTICKET本家のニコ入りリキッドは味はそんなにノンニコと変わらない(全く同じ?)のですが、ニコ3mgであってもドギッツいニコキックを感じました。さらに喉がざらつくような、喉の水分をギュンギュン吸われるような感覚があり、とても吸い続けられるものではありませんでした。
ああ、NICOTICKETは自分には合わないのかなぁと思いましたが、ノンニコを日本で購入しニコ添加したらあら不思議、とてもおいしく吸えました。本家の素ニコが私に合わなかったのだと思います。



最後に、この記事は後ろ向きではなく、前向きな気持ちで書いた記事です。だらだらと何言ってだおまえ?と言われそうなことを書いてきましたが、同じリキッドでもノンニコ、本家ニコ入り、自分でニコ添加といろいろな楽しみ方ができるということを言いたかったのです。

リキッドの旅は終わりがなくて本当に面白いですね!