VANILLA DORAGONIUMやMAXIMUM IMPACTで有名なMK Labより発売される、
こいこい(Koi-Koi)シリーズのRAINY DRAW 雨流れをレビューさせていただきます。
このリキッドの正式な発売日は2015/11/05なのですが、発売前、MK Lab代表であるクニさん直々に譲っていただきました。
クニさんありがとうございます!

IMG_2392_R

こいこいシリーズのもうひとつ、MISTY DRAW 霧流れのレビューは以下の記事をご参照ください。
MISTY DRAW 霧流れ by MK Lab Review


こいこい(Koi-Koi)とは

IMG_2390_R

まずはMK Labの説明を見てみましょう。

 VG濃度を極限まで高めたハイスペック爆煙シリーズ。

流行りのサブΩアトマイザーで使用しても風味がとばず、 
スターターで吸っても濃厚な香りを楽しめる絶妙なバランスを実現しました。 
花札をモチーフとした和の心を感じるラベルにてお送りします。

爆煙シリーズとな!
たしかに最近はスターターでもサブΩ対応のアトマイザー(SUBTANKなど)も増えてきましたし、煙ブワーッ!と出したいし、リキッドもしっかり味わいたい!という欲張りさんも多いと思います。
爆煙と謳っているだけあって、VG高めなのでしょうか。かなり固めでトロットロです。


クニさん「スポイトで吸ってみて。びっくりするよ」
ぼく「え……固!これVG80ですか?90ですか?」
クニさん「ふふ……」
ぼく「かてぇ……」


とびっくりするレベルで固いです。とても普通のシリンジで吸えるレベルではありません。
クニさん曰く、ベースリキッドからフレーバーから、極限まで"水"を排除するように意識したそうです。
水を少しでも使用することですぐサラサラになってしまうそうな……。
こりゃあ爆煙が期待できる!

[蛇足]
ケンエーのグリセリン(84%~87%のVGと残りは水)は84%のグリセリンが入っているとは思えないほどサラサラです。
興味がある方はファンタジーのVG、PGを84:16になるように割って、ケンエーのグリセリンと粘度の比較をしてみてください。


そしてラベルがすばらしい。和紙を使用していて、さらに金箔が散りばめられています。
和風な雰囲気、高級感がたまりません。
この頃はリキッドを購入したらラベルを剥がしてユニコーンボトルに貼っているのですが、もったいなくてできません。
オブジェとしても最高のデザインだと思います。



RAINY DRAW 雨流れ 概要

RAINYY DRAW 雨流れの説明を見てみます。
MK Labからの引用です。

フレーバー : 濃厚バニラ&ドラゴンフルーツ

光札、柳に小野道風をモチーフとしたイラストです。 
味のテイストは濃厚なバニラにドラゴンフルーツの香りを乗せました。 
MK VAPE OriginalのVanilla Dragoniumと比べると甘みを抑える代わりに香りが立つ調整となっております。

MK VAPE OriginalのVanilla Dragoniumは実は吸ったことがありません。ドラゴンフルーツも食べたことがありません。未知の味で試す機会が無かったのです……。
しかしレビューする機会をいただいたので、存分に味わいたいと思います!


嗅ぐ

クンクン…MISTY DRAW 霧流れと比べるとバニラの香りが控えめなイメージです。酸味と甘みが共存する南国のフルーツのような香りです。
あっさり系なのかしら?しかし不思議とクンクンしたくなる香りです。クンクン。


舐める

ペロ……ウマー!(゚д゚)
香りを嗅いだ時の通り、バニラが控えめで、酸味、甘みのある味です。パッションフルーツのような、濃厚な甘みです。東南アジアに売っているパッションフルーツジュースの開けたての一口のようなイメージです。ちなみに東南アジアのジュースは飲んだことがありません。


吸う

こいこいシリーズはサブΩで使用しても風味が飛ばないということなので、ちょっと低抵抗で組んでみました。
MISTY DRAW 霧流れと同じ構成です。
Origen Dripper V3で26G2.5mm径8巻きデュアル0.47Ωになりました。
P_20151101_173006_R_R

それでは……すううううう。

はぁ……おいしい……。

やはりMISTY DRAW 霧流れと同様に濃厚な煙です。
クニさんの極限まで水を排除したというこだわりを感じます。
吸い込んだ時に舌先にさわやかな酸味があります。ドラゴンフルーツは酸味が強めの果実なのでしょうか?
吐き始めは、バニラ感が控えめで、後半につれてバニラ感が強まってきますが、MISTY DRAW 霧流れと比較すると全体的にバニラ感は抑えられています。
MISTY DRAW 霧流れとの比較ばかりになってしまい申し訳ありませんが、MISTY DRAW 霧流れよりも甘めが抑えられており、甘いリキッドが苦手な人にオススメできます。
どことなくマンゴーに近いイメージです。やはり南国の果実という共通点があるのでしょうか。



総評

甘党もそうでない党もイケる爆煙ドラゴンフルーツリキッドでした。

バニラ濃厚で瓜っぽいメロンが好きだぜ!という人はMISTY DRAW 霧流れ、
バニラあっさりで南国フルーツが好きだぜ!という人はRAINY DRAW 雨流れ
をオススメします。

サブΩのドリッパーですっこーんと飛ばして煙もわーして香りを楽しく楽しめました。
ただ、前述のとおりかなり固いリキッドですので、タンクで使用する場合にはウィックの調整が難しいかもしれません。
低抵抗で吸っていると、供給が追いつかなくなるかもしれませんので、タンカーの方々はお気をつけください。

こいこいシリーズのもうひとつ、MISTY DRAW 霧流れのレビューは以下の記事をご参照ください。
MISTY DRAW 霧流れ by MK Lab Review

最後に商品紹介ページへの辿り方を以下に記載いたします。
MK Lab>PRODUCTS>こいこい(Koi-Koi)>RAINY DRAW 雨流れ


それでは。